次回演奏会の企画と意図

第178回定期演奏会/定期サロンコンサート〈クライネ・モーツァルト〉第88回例会

9月30日(土)午後2時 天満教会

 

〈教会音楽シリーズ〉第3回

 ―ヘンデル・オルガン協奏曲全曲演奏―その2

 

ヘンデル オルガン協奏曲 

                        第2番 変ロ長調 作品4-2 

バッハ カンタータ 第159番

                       《見よ、われらエルサレムに上り行かん》よりアリア

バッハ カンタータ 

                       第56番《われ喜びて十字架をになわん》よりアリア

ヘンデル オルガン協奏曲 

                       第3番 ト短調 作品4-3 

バッハ カンタータ 

                      第82番《われは満ち足れり》

 

オルガン:木島美紗子

バリトン:萩原 寛明

コンサートミストレス:林  泉

指揮とお話:門  良一

 

 天満教会というすばらしい会場を得て〈教会音楽シリーズ〉の第3回目を迎えることになりました。今回はソリストとしてオルガンの木島美紗子さんとバリトンの萩原寛明さんにお願いしました。木島さんは2015年の12月、第167回定期演奏会で演奏しましたフォーレのレクイエムでオルガンを担当していただいてご縁ができました。〈教会音楽シリーズ〉で続けております〈ヘンデル・オルガン協奏曲全曲連続演奏〉に対してもご賛同をいただいております。萩原寛明さんは上記のフォーレのレクイエムをはじめミサやオペラでモーツァルト室内管弦楽団と何度も協演しておられるのでおなじみですが、今回はバリトン独唱の名曲として知られるバッハのカンタータ第82番を中心に歌っていただきます。

 おそらく日本で初めての画期的な企画として好評を得ております〈ヘンデル・オルガン協奏曲全曲連続演奏〉、ヘンデルのオルガン協奏曲は足で演奏するペダルを持たない簡易型の、いわゆるポジティブ・オルガンのためのものがほとんどで、演奏の機会はヘンデルの数多いオラトリオの上演の際に作曲者の独奏による幕間用として作られました。ヘンデルは彼自身の他の作品から転用して作曲する場合がしばしばあり、オルガン協奏曲には特にその例が多く見られます。今回は〈全曲連続演奏〉の第2回目として6曲ある作品4のオルガン協奏曲の中から第2番変ロ長調と第3番ト短調を取り上げました。第2番はいかにもヘンデルらしい単純明快な中にも風格のある作品です。第3番はオルガンのほかにヴァイオリンとチェロにも独奏パートが与えられている、合奏協奏曲のスタイルに近いかたちを取っています。比較的に知られていないオルガン協奏曲によってヘンデルの音楽の良さを知っていただくのがこのシリーズの意図であります。

 数多いバッハのカンタータ(200曲以上)の中で、合唱を伴わないソロ・カンタータと呼ばれる一群の作品があります。この中にも名曲がたくさんありますが、今回はバリトン独唱のある3つの有名なカンタータのうち3曲を選び、うち2曲は特に有名なアリアを、1曲は全曲を演奏することにしました。宗教音楽を得意とされる萩原さんの名唱をたっぷりと味わっていただきたいと思います。またこの3曲にはいずれもオーボエのソロが付いており、モーツァルト室内管弦楽団の首席オーボエ奏者、福田 淳さんのソロが楽しめます。どうかご期待ください。