辰 玲奈(たつ れな)

●ピアノ

 

 モーツァルト室内楽管弦楽団を愛してやまないみなさまこんにちは。7月4日、西宮の兵庫県芸術文化センターで協演させていただく辰です。

 演目は、みなさまよくごぞんじのサンサーンスの組曲≪動物の謝肉祭≫です。この楽曲を、楽しんで演奏したいと思っています。

 ヴァイオリン、ヴィオラなどの弦楽器やフルート、クラリネットなど管楽器の方たちとの共演がとても楽しみです。今回の協演では、ピアノを私と堀茜さんの2名で弾かせていただきますが、いろいろな楽器との掛け合いを特に楽しんでほしいと願っています。

 モーツアルト室内管弦楽団はあこがれの楽団で、ずっとご一緒させていただきたかった夢が今回実現することになり、本当に楽しみにしています。

 みなさまぜひ当日のご来場をお待ちしています。

 

<経歴>

相愛大学音楽学部器楽学科ピアノ専攻卒業。同大学専攻科修了。徳末悦子、小山るみ、小坂圭太の各氏に師事。奈良フィルハーモニー、沙羅の木オーケストラ、アルカディア管弦楽団、ウィーン・ラズモフスキー弦楽四重奏団と共演。現在、相愛附属音楽教室講師、追手門学院小学校講師。

 

田中 紀子(たなか のりこ)

●ピアノ

 

 みなさまこんにちは。7月4日に、ショパンのピアノ協奏曲1番を室内楽版で演奏する機会をいただきました田中です。ありがとうございます。

 モーツァルト室内管弦楽団の弦楽器の響きに支えられて、ショパンのピアノ音楽の魅力が伝わるように演奏できればと思います。

 室内楽版でどのような響きになるのかとても楽しみにしています。

 この曲は、若きショパンの溌剌としたエネルギーが感じられます。ショパンならではのメロディの美しさ、パッセージの華やかさなど魅力の詰まった名曲です。どうぞお楽しみくださるよう願っております。

 モーツアルト室内管弦楽団は、私が大学生の頃からお名前はよく存じ上げていました。

 今回ご一緒させていただくヴァイオリンの永ノ尾さんは、知人のお嬢様ですし、私の昔の教え子のご子息がチェロを楽団メンバーの方に習われているそうです。

 ですから、この楽団にはとても親しみを感じていますし、楽団との演奏をいまから楽しみにしています。

 当日はみなさまを兵庫県芸術文化センターでお待ちしております。

 

<経歴>

大阪音楽大学大学院修了。

NHK洋楽オーディション合格、NHK-FMに出演。大阪、宝塚、神戸、岡山等でリサイタル開催。また、オーケストラとの共演も多数。その他、ジョイントコンサート、サロンコンサートにも数多く出演。

ピアノデュオや歌曲の伴奏などでも関西を中心に活動を展開している。

現在、大阪音楽大学講師、兵庫県音楽活動推進会議、日本演奏連盟、日本ピアノ教育連盟、神戸音楽家協会,神戸芸術文化会議、各会員。