際本雅子●オルガン

 モーツァルト室内管弦楽団を愛するみなさま初めまして。5月18日定期演奏会で、オルガンを弾かせていただく際本です。

 この楽団はたいへん歴史のある楽団で、大ホールで演奏会を開催されているというイメージをもっていましたが、教会でバロック音楽の演奏会もされていることを知り、活動の幅広さを知りました。今回の初共演をとても楽しみにしております。

 出番はヘンデルのオルガン協奏曲 第14番 イ長調と第6番 変ロ長調の2曲です。ヘンデルの美しいメロディーを、オルガンで表情豊かに表現できればと思っております。

 会場の天満教会は、大変音響効果が素晴らしいとお聞きしていますが、ホールでの演奏会とはまたひと味違う教会での音の響きや雰囲気を味わっていただきたいです。

 みなさまと天満教会でお会いできることを楽しみにしております。

 

<経歴>

大阪音楽大学短期大学部ピアノ科及び音楽学部パイプオルガン専攻卒業。

同大学専攻科終了。ピアノを杉本京子氏、オルガンを土橋薫氏に師事。

日本オルガニスト協会、奈良市音楽協会各会員。カトリック大阪カテドラル聖マリア大聖堂オルガニスト。