笹村直子●ピアノ

 みなさまこんにちは。11月30日の定期演奏会でドビュッシーのピアノ三重奏曲ト長調を演奏させていただく笹村直子です。

 この曲は、クロード・ドビュッシー(1862~1918)がまだ学生だった頃の1880年に作られた、最も初期の作品と言われています。しかし曲が知られるようになるのが1977年、散在していた楽譜をまとめて校訂し出版されたのが1986年と最近のことです。

 ドビュッシーの音楽といえばメロディよりも音色の変化や音の配列で聴かせるといったまるで点描画のようなイメージですが、青春時代に作られたこの曲は、ショパンやチャイコフスキーの楽曲かと思わせるようなロマンティックでちょっと甘くそれでいてストレートな感情の詰まったとても瑞々しく親しみやすい曲です。

●1楽章 ソナタ形式ですが3つの楽器が入れ替わり美しいフレーズをつなげていきます。

●2楽章 弦のピッィカートで始まるコケティッシュで哀愁漂う3部形式です。

●3楽章 のびやかな美しいチェロの響きで始まる緩徐楽章

●終楽章 8分の6拍子の中を疾走する8分音符とテーマが終わりへと突き進んでいきます。

 あまりドビュッシーらしくない作品ですが、それとは関係なく多くの人に親しまれているのはやはりこの曲から溢れ伝わってくる「思い」ではないかと思います。当日少しでも会場にそれらが響けば…と思っています。天満教会でお会いできるのを楽しみにしています。

 

<略歴>

大阪音楽大学付属音楽高等学校、同大学音楽学部首席卒業、同大学大学院修了。

第34回全日本学生音楽コンクール高等学校の部西日本大会入選。

朝日新聞社・飯塚文化連合会主催「第4回新人音楽コンクール」にてピアノ部門大賞・文部大臣奨励賞受賞。

ウィーン国立音楽大学へ派遣され、シュベルトマン教授に師事。

大阪フィルハーモニー交響楽団、吹田市交響楽団との協演の他、朝日新聞社、民音主催のリサイタルなどに出演。

また、97年より毎年「サマーミュージックフェスティバル大阪」に出演。

91、93、95、97、99、02年リサイタル開催。

94年デュオコンサートで大阪文化祭賞奨励賞受賞。

土田晴子、梅本俊和、故中島和彦の各氏に師事。

 

犬伏純子●ピアノ

 

皆さま、こんにちは。11月30日(土)の第191回定期演奏会でフォーレ作曲ピアノ五重奏曲第1番のピアノパートを弾かせていただきます犬伏純子(Inubushi  Sumiko)です。

モーツァルト室内管弦楽団創立50周年を迎えられた門良一先生、楽団の皆さま、その演奏を聴いて応援してこられた皆さまにお祝い申し上げますとともに、今まで積み重ねてこられた音楽の世界を思い、心より敬意を表します。楽団創立50周年記念のシリーズで演奏させていただきますことを大変光栄に存じます。

 11月30日に演奏いたしますフォーレのピアノ五重奏曲第1番は第2番にくらべて取り上げられることの少ない曲ですが、フォーレの室内楽曲の中では作風の転換期を示すものとして重要な位置を占めています。第1楽章冒頭部分では、フォーレの最も美しいテーマのひとつである第一主題がピアノのアルペッジョにのってその均整のとれた姿を現します。また、第2楽章では、まずヴァイオリンが息の長い旋律を呈示し、壮大に展開していきます。そして、第3楽章は気負うことなく生き生きとした音楽がフィナーレへと導きます。

 晩秋の午後、響きの良い教会でのコンサートでモーツァルト、ドビュッシーとともにフォーレの作品をお楽しみいただきたいと思います。是非お出かけくださいますようお願いいたします。

 

<略歴>

東京藝術大学音楽学部卒業。同大学院ピアノ専攻修了。第24回全日本学生音楽コンクール西日本大会第1位。大学在学中より、NHK-FMなどに出演。土肥みゆき、安川加壽子、アンリエット・ピュイグ=ロジェ他の各氏に師事したほか、フランスの夏季音楽アカデミーにおいて、V.ペルルミュテール氏に師事。日本演奏連盟推薦新人演奏会オーディションに合格し、外山雄三指揮、名古屋フィルと共演。日本演奏連盟より表彰。以後、オーケストラとの協演の他、リサイタル、室内楽や伴奏など幅広く活動している。東京藝術大学、名古屋市立菊里高校音楽科、大阪音楽大学の各非常勤講師を経て、現在、滋賀大学教授。