中村勝樹●ピアノ

 

モーツァルト室内管弦楽団のファンのみなさまこんにちは。次回、12月の定期演奏会でモーツァルトのピアノ協奏曲第19番へ長調 K 459で協演させていただく、中村です。

この楽曲は、よく演奏される20番以降の協奏曲に比べ、とりあげられる頻度も馴染みもぐんと少なくなりますが、それらに優るとも劣らない規模と魅力を備えた曲だと思います。行進曲風でありながらなんとも典雅な空気漂う第一楽章、歌に溢れた第二楽章、華やかかつすこぶる堅牢という不思議な魅力の第三楽章……。今回のお話をいただいたとき、真っ先に思い浮かべたこの曲を弾く幸せをかみ締めています。

演奏会当日は、この曲を軽さとともに、歌にもタッチにもレガートを忘れないように演奏したいですね。

モーツァルト室内管弦楽団とご一緒させていただくのは前回のプーランクに続き二度目ですが、素晴らしいオーケストラに寄り添って演奏できれば幸せです。

いずみホールで皆さまとお会いできることを楽しみにしています。

 

<略歴>

和歌山市在住。武蔵野音楽大学卒業後、ポーランドクラクフ音楽アカデミー研究科、ドイツワイマール国立「フランツリスト」音楽大学大学院修了。飯塚新人音楽コンクール入賞。上野智美、藤井和子、遠藤一枝、遠藤秀一郎、川崎隆、J.ウコヴィッチ、H.チェルニー=ステファンスカ、G.ケーラー=シャルラッハ各氏に師事。在独中のワイマールでのリサイタルを皮切りに、ドイツ国内やスイス等で演奏活動を行う。帰国後はソロやデュオでのリサイタルを中心に活躍し、NHK名曲リサイタル、木曜リサイタルシリーズ、サマーミュージックフェスティバル大阪等にも出演する。近年は教育面にも注力しており、ピティナ、ショパン国際コンクールin ASIA、日本クラシック音楽協会から指導者賞を授与される。大阪芸術大学客員准教授、大阪音楽大学非常勤講師。

https://piano-wakayama.jimdo.com/